埋め込み動画を保存する方法を紹介

最近色んなサイトに埋め込み動画が組み込まれていますが、
これは元動画が削除されてしまっている場合、連動して埋め込み動画も視聴できなくなってしまいます。

中には結構レアな動画が埋め込まれていたりして、
一度の視聴だけではもったいない!是非消される前に保存しておきたい!
そんな動画もあると思います。

しかし、埋め込み動画にもいくつか種類があり、
ダウンロード系のソフトでは対応できずに保存できない可能性もあります。

ダウンロードできるかわからない動画にいくつも動画ダウンロードソフトで保存を試すのは時間の無駄です。
その間に埋め込み動画が削除される可能性も否めません!


そんな時に確実に埋め込み動画を保存できるのは、録画保存ソフトです。
ダウンロードのようにデータを保存するものでなく、PCの画面上で特定範囲内を録画保存できるソフトがおすすめです。

特におすすめのソフトは【ムービーグラバー】です。
PCの画面上ならば好きに範囲を設定でき、録画ソフト特有の画質劣化もなく、
高画質でどんな埋め込み動画でも録画保存することが可能です。

————————————————————-

ムービーグラバーの詳細はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

url
————————————————————-


ムービーグラバーで埋め込み動画を保存する方法

ムービーグラバーを起動したら、ムービーレコーダーを選択します。
専用ウィンドウが表示されるので、自動検出が反応しない場合は「範囲を指定」をクリックします。


レコーダーウィンドウが起動するので、録画する範囲にサイズを変更して、
「○REC」をクリックすることで録画保存が開始します。


録画が開始したら、埋め込み動画を再生することで永久保存が可能になります。


ムービーグラバーを使えば、DRMがかかっていたり、視聴期限がある動画を録画保存し直すことで、
視聴期限や制限が無い動画に保存し直すことが可能です。

気になる埋め込み動画やずっと残しておきたい動画はムービーグラバーを使って保存しましょう。


————————————————————-

ムービーグラバーの詳細はこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

url
————————————————————-

サブコンテンツ

このページの先頭へ